月の下、風に捲られるページ 雑記 忍者ブログ
Admin / Write / Res
東方SS書きである紅雨霽月のブログです。 東方やらラノベやらフリーゲームやら日常のことやらジャンルにはあまり捕らわれてないです。
<< 08   2018/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今月は買いたい本が一冊しかなかったので、なんとなく目に付いた古事記も一緒に買ってみました。

現代語訳版ですが、それでもやっぱりまだこの手の文体は読めないですねぇ。
なんだか状況が中々頭に入ってきません。

で、そんな状態で読みながらも思ったのは、
前半の創世のあたりはやけにぶっとんでるなぁ、と。
黄泉の国から逃げるときに鬼に向かって投げつけた桃を神様にしたあたりがなぜかかなり印象に残ってます。
通りすがりに投げられたと思ったら、いきなり神様にされるのってどんな気分なんでしょうね。

で、その辺りを過ぎると、そこを過ぎたらすぐに殺す人が多いなぁ
このまま生かしておいたら自分に害が及ぶかもしれないと過労死させようとしたり、天皇の座がほしいから、もしかしたら殺されるんじゃないだろうか、弁当を取られた恨み、親の敵などなど様々な理由から殺したり。
納得できるものから、なんだか釈然としないものまで色々な理由で殺したり殺されたりしてました。

初めて古事記を読んだ印象派そんな感じ。
なんというか、後半になるにつれて人間味が出てきたなぁ、と。

拍手[0回]

PR
シナリオ重視のRPG分が足りないなぁ、と思ってベクターを覗いたときに見つけた作品。
作者さんの名前見てすぐにプレイしようと決めました。
というか、公開から一ヶ月以上経ってるんですねぇ。
あの頃はRSSを取得する、とかいうことは全然考えてませんでした。

というわけで、『Knight Night』の作者さんの新作『Grimoire Hearts Disk1』の紹介兼感想なんかをつらつらと。
ネタばれはまあ、わかる人にはわかって、わからない人にはわからない程度にはするつもり。
プレイ中の方はご注意を。

とにもかくにもこのゲームのウリとも言えるのは、各キャラの個性の濃さでしょう。
名前のあるキャラは全員が全員、個性を光らせていて少し会話を見ればそのキャラの性格は大体把握できるでしょう。
基本的にこのキャラ誰だっけってことは起きえません。
名前は?、と聞かれると怪しいですが。
ちなみに、町のモブキャラたちにも個性が用意されていて、町の人たちに話しかける楽しみもかなりあります。
特にお城の人たちはイベントが進むたびに台詞が変わるので、名前があってもいいんじゃないだろうかとさえ思えてしまいます。

で、そんな個性豊かな主人公キャラたちが織り成すチャットシステム。
テイルズシリーズのあれですね。
皆濃い性格をしてるので、読んでてかなり楽しいです。
このチャットを読むために町の中をうろうろしてみるのも一つの楽しみだと思います。


戦闘難易度は、最後の方を除けば易しい方だと思います。
まあ、敵の落とすアイテムをほぼコンプリートしつつ進んだのでそう思うのかもしれませんが。
とはいえ、『Knight Night』と同じ難易度だと思って挑むと死ねますが。

ちなみにこの章のラスボスは、店で売ってないアイテムあんまり使うことのない私ががんがんアイテムを使わされた程度の強さ。
敵専用ドロップの攻撃アイテムも使わされたしで、なかなか手ごわいボスさんでしたよ。
ちなみに、ある程度進んでくるとMP回復アイテムは必至です。
ほぼ確実に途中でMP切れると思うので。


こんなところでしょうかね。
寄り道が好きな人、キャラゲーが好きな人にお勧めできるRPGです。
ちなみに、四章構成で二章は来年の同時期くらいに公開するらしいです。

拍手[0回]

次書くお話は、フランがメイドになるお話に決定しましたー。
レミリアに対して敬語で話すフランに対する違和感がひどい。
フラン自身も違和感を抱いてるので、作品全体を通して違和感で一杯。
プロットでこんな感じで、最終的にどんな話に落ち着くのかわかんないです。

プロット書き終わったときに、レミリアは誘われ攻めとかいうフレーズが思い浮かんできましたが、
まあ、うん、そんな感じの終わり方になるんじゃないでしょうかね(ぇ
ちなみにそのフレーズに追随して思い浮かんだのが、
フランは天然誘い受け、咲夜は誘い攻めとかいうフレーズ。
まあ、健全路線から外れることはないでしょう、きっと。

拍手[0回]

結構前から公開はされてましたが、最近Ver1.00が公開された作品。

自由度の高いRPGで、メインシナリオを進めるもよし、ただひたすらに依頼をこなしてくもよし、悪道に走っていくもよしと人によってプレイスタイルを変えることができます。
キャラもいくつかの人種、職業、出身地から選ぶことで能力値が決まっていきます。

ちなみに私は地の国出身のガル人の狩人。
Wikiも見ずに適当に作ったキャラですが、弓使いなのに前衛に立って敵を撃ち貫いていったりと結構強いです。
隣で豪快に斧を振り回してるメイドの人には負けますが。

仲間になるキャラは固定ですが、結構な数がいる上、相談コマンドで会話をしてみると皆個性があるのがよくわかります。
私のパーティは、上で言った元戦士なメイドのメイと、わがまま貴族なフランソワ、まだ性格が掴めてない法術師のオロナイン、それから、冒険に憧れを抱いている法術師のナコの五人です。
ちなみに戦闘に参加できるのは四人までなので、最後の一人は馬車で待機させてます。
メイ以外は酒場にいたのをバランスがよくなるよう適当に選んだんですが見事に女ばっかりなパーティです。
メイは0.9x時代にちょっとやったときからお気に入りでした。
最近、戦闘系のメイドが好きなんだと気づきました。

まあ、それはいいとして。

戦闘バランスは最初の数回を乗り切れば後は楽、と言った感じです。
まあ、世界をぐるぐる回りながら、鍛冶と防具製作のスキルレベルを上げて装備をできるだけ整えてたのでそう思うのかもしれませんが。
賞金首がちょっと強いかな程度の敵になる程度の強さ。
たぶん、作業が苦にならない人なら割と簡単に強くなれるんじゃないだろうかと思います。


メインシナリオ全く進めてないので、話せるのはこのぐらいでしょうか。
もし興味を抱いた方がいらっしゃったらプレイしてみてはどうでしょか。

拍手[0回]

Windows7の更新が途中から全然動かないんですがどうなってるんでしょうか。
これが仕様なのか、はたまた何かあって止まってしまってるのか。
更新プログラムダウンロードしてからインストールしてるので別にネットに繋がってなくても大丈夫、です、よね?
この状態を見てると物凄く不安になるのですが。

ちなみに、日曜日も基本上技術者試験受けに行って帰ってみたら更新中だったのですが、推敲中のSSが中にあったので電源無理やり落としてセーフモードに移行させてバージョンを落とすとかいう荒業を使いました。
何故か二つ前に戻してしまったようなので、昨日の夜に一個前のバージョンになって、今日私が大学に行ったときからインストールを始めたという感じです。

これ終わらなかったらどうしよう。
実はネット環境がいるよってことなら、ハブ買ってこないといけないですねぇ。
日曜の時点で少なくとも十数時間かけても終わらないってことはわかってますし、ネットがない環境なんて考えられませんから。
無線は設定するのが面倒くさいのでパスで。

拍手[0回]

カウンター

Present's by ペドロイヤ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
紅雨霽月
HP:
性別:
男性
趣味:
小説、東方
自己紹介:
小説の読み書きと東方が大好きです。
東方で一番好きなキャラはフランドールです。
HPにて東方小説を公開中。



ちなみに、ブログもHPもリンクフリー。

メールアドレス
rainsky★hotmail.co.jp
★を@に変えてください。
リンク
リンク集へ
HP完成に伴いブログ内のリンクは削除。
代わりにHP内のリンク集へのリンクを追加。
最新コメント
[09/13 紅雨 霽月]
[09/12 Valzis]
[06/08 紅雨 霽月]
[06/06 Valzis]
[10/30 紅雨 霽月]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Twitter
Copyright ©  月の下、風に捲られるページ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]