月の下、風に捲られるページ 霽月流東方二次設定 忍者ブログ
Admin / Write / Res
東方SS書きである紅雨霽月のブログです。 東方やらラノベやらフリーゲームやら日常のことやらジャンルにはあまり捕らわれてないです。
<< 11   2017/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだか私の中ではフランよりもレミリアの方が精神的に病んでるイメージが強いみたいです。
ふと思いついたネタからそんなことを思いました。

なんでこんなイメージ持つようになったんだろ。
全てを捨てでもフランを守るだろうって考えててそれが暴走したような気がしますが。
こうして更に私は一次設定から離れて行く・・・。

まあ気にしても仕方ないので気にしませんが。

病んでるって言っても他人に手出しをしたりはしないんですけどね。
むしろ一人で抱え込んで自壊していくような感じ。
フランとは共依存の関係だといいなとかも思ってるので必然的にフランも巻き込まれてくわけですが。

思いついたやつは書くか書かないか微妙な所。
ぱっと思いついた時点で一般向けじゃないってどういうことよ。

拍手[1回]

PR
そういえば、フランやこいしの外見年齢については話したことありますが、
詳しい身長とかに関しては話したことなかったなぁ、と。
いやまあ、今書いてるSSの途中でふとこいしの身長イメージが固まって無いなぁと思っただけなんですが。

今まではただなんとなくフランよりちょっと高い程度、とかいうイメージで書いてたのですが、
それだといつだったかブログに書いてた14歳くらいっていうのと合わない気がしたのです。

でも、夏コミのとある同人誌読んでてこいしの身長高くてもいいかなぁ、なんて思って今ではこいしの外見年齢イメージは16くらい。
ちなみに、実際に書いてるときは並んで立つとフランの目線の高さにこいしの方がくるというイメージを持って書いてます。
自分の身体で適当に測ってみましたが、それだと大体十数cmの差があることになります。

フランは変わらず10歳前後の身長イメージ。
さっき調べてみた所、この年齢の平均身長は130の半ば。
で、これにフランとこいしの身長差である十数を足すと、大体150くらい。
ちなみに12歳の半ばくらいで平均身長は150を越えるみたいです。
で、16歳の平均身長は157くらい。
・・・あれ?

まあ、こいしは小柄な部類なのでしょう。
そう思っとくことにします。

ちなみに、姉達の身長イメージはそれぞれの妹よりもちょっと高いっていうイメージです。


今度からは身長もちゃんと考えてから書かないとなぁなんて思った今日この頃なのでした。

拍手[0回]



なんか時々話題になる上に、個人的にも気になるのでときどき考えてました。
で、今日、自分なりの考えがまとまったので、ここに適当につらつらとまとめてみます。

興味ある方だけ、続きを読むから読んでください。

拍手[0回]


誰もがぶち当たったことのあるはずの疑問。
それは、彼女は何の妖怪なのだろうかという疑問。

公式設定では特になんの妖怪なのかと記載されてはいません。
そして、設定を読んでみても妖怪らしさを感じられません。
むしろ、身体能力を除けば人間らしいです。

そんなわけで、今日ふと思い浮かんだこと。
美鈴は、日本人の持つ中国人に対するイメージが幻想入りして妖怪化したものなんじゃないだろうかというもの。
ほら、昔の中国人のイメージって、中華服、拳法使い、気を扱えるっていう感じです。
それに、物語の世界においても「メイリン」って名前の中華娘って多い気がしますし。
まあ、「ファンメイ」とかも割りと多い気はしますが。


で、この理論で外国人の日本人に対するイメージが幻想入りしたらどうなるか。
名前は「サクラ」とかその辺りでしょう。
「花子」が一瞬よぎりましたが、物語的な名前ではないのでそれはないでしょう。
で、職業は忍者でしょう。侍は一応いますから。


そんなどうでもいい妄想。

拍手[0回]


なんとなく適当に考察というか妄想の垂れ流し。

ここ最近投稿したSSレベルの容量のあるプロット(まだ途中)を考えながら、頭の端で考えてたこと。

私の中で、レミリアが出会った順番は、
パチュリー→小悪魔→美鈴→咲夜
だと思うのです。

ただ、私の思いつく設定は割りところころと変わります。
ですが、小悪魔と美鈴の登場年代は話の大幅に変えるかもしれませんが、咲夜とパチュリーのはそこまで変化ないと思います。

今のところは上記に挙げた順番を妄想してますが、その根拠っぽい何かでも。

まず、パチュリーとの出会いが一番だろうと思う理由。
それは、パチュリーはレミリアの友人という位置関係であり、同等の立ち位置であるということ。
なので、パチュリーとの出会いがレミリアに成長をもたらしたのではないだろうか。
そして、その成長がレミリアに仕えたい者を呼んだのではないだろうか。
そんなわけで、パチュリーとの出会いが一番だと思うのです。

小悪魔がパチュリーの次に来てる理由。
公式では確か、パチュリーの使い魔だとかうんぬんはなかったはずなので、絶対にパチュリーの後じゃないといけないというわけでもないのですが、なんとなくこの位置。
紅魔館の図書館に住み着いたパチュリーが小悪魔を見つける、パチュリーが持ち込んだ魔導書が原因で召喚される。
こういった感じで出会うと思うのです。

美鈴、は飛ばして咲夜。
咲夜は、レミリアの最高の従者。
ということは、この時点でレミリアは結構成長してると思うのです。
良い主には良い従者が付きやすいものだと思いますし。
だから、咲夜は最後の最後に紅魔館を訪れると思うのです。
ちなみに、最近の私の考えでは、紅魔館に来たころの咲夜は八歳くらいの子供。
レミリアと美鈴がメインで紅魔館の全員で育ててああなったと思ってます。

そして、最後に美鈴。
この人、いまだに私の中だと影が薄いんですよね。
今回のSSも、出番微妙な感じですし。
この人が咲夜の前に来てるのは、まあ大体ここまで読めば察することが出来るのではないかな、と。
レミリアへの影響が少ないからこそ、この位置だと思うのです。

はい、以上です。
ちなみにここまで全部幻想郷に来る前。
妖精は現地調達。
収集教育咲夜。
けど、意外と自主的にレミリアを慕ってるのも多い。

拍手[0回]

カウンター

Present's by ペドロイヤ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
紅雨霽月
HP:
性別:
男性
趣味:
小説、東方
自己紹介:
小説の読み書きと東方が大好きです。
東方で一番好きなキャラはフランドールです。
HPにて東方小説を公開中。



ちなみに、ブログもHPもリンクフリー。

メールアドレス
rainsky★hotmail.co.jp
★を@に変えてください。
リンク
リンク集へ
HP完成に伴いブログ内のリンクは削除。
代わりにHP内のリンク集へのリンクを追加。
最新コメント
[09/13 紅雨 霽月]
[09/12 Valzis]
[06/08 紅雨 霽月]
[06/06 Valzis]
[10/30 紅雨 霽月]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Twitter
Copyright ©  月の下、風に捲られるページ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]